2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【経歴偽装】派遣の事前面接解禁へ【嘘つき失職】

1 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 08:07:55
厚生労働省は平成20年度、労働者派遣制度の見直しを行う方針を明らかにし
た。派遣先による派遣労働者への雇用申込み義務緩和や事前面接の解禁とい
った政府の規制改革3カ年計画で19年度中の「検討」が指示されている項目の
ほか、不安定雇用となりがちな登録型派遣・日々雇用型派遣の改善、紹介予
定派遣の可能期間延長など合わせて8項目が議論の対象になる。公労使の合
意内容によっては法改正に結びつく可能性がある。

http://www.rodo.co.jp/periodical/news/9102648.php
――――――――――――――――――――――――――――――――――

面接でペーパーテストやらせれば、一発で技術を持っているのかわかるぞ。
偽装経歴派遣者終了〜。

さて、正社員のおまいらは、せめてテストをするように上申するだけのポジションにはいるんだろうな?

2 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 08:55:15
2get

3 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 08:58:26
>>1
ならないね。
自民党は大敗したから。
それより派遣を禁止させよう。

4 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 09:52:07
>>1
今でも事前面接なしの所ってほとんどないんだけど。
中学二年か?

5 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 10:00:41
現状に即すんなら、あとは二重派遣解禁して、
金額一定の裁量残業制度のようなものを作れば良い。

そうすりゃ違法派遣が激減するだろう。


6 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:07:24
事前面接は違法
>>4を書いたやつは阿呆

どちらも「ほう」が後ろにつく。

7 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:09:53
ほう。<--歓心した言葉。

8 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:22:04
>>4

事前面接は、現行法では違法なの。

だから建前上、「お打合せ」「ミーティング」「顔合せ紹介」と
言葉の上だけでも苦労してとりつくってんだよ。
何も知らず偽装派遣されてる底辺コーダーか?


9 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:33:58
あちゃー
これでますます実態が口入れ屋っぽくなるな
いままで事前面接してたのに取り締まってなかったのも笑えるけど
法律ってなんなんだろうな。全然守られてない。
駐車違反なんかより遥かに重罪なのになぁ

10 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:42:55
さぁ、面接を何日もやるわけにはいかないだろう。
30分〜1時間30分くらいで、行えるテストはどんなもんがいいんだろう?
分野によってまちまちだろうけど・・・。

やっぱ、文字列操作?

11 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:46:54
で、要員管理できまふ〜システム設計できまふ〜とかはどうやってはかるのん?


12 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:49:28
独立ITなんてほとんど口入れ屋。
事前面接と多重派遣は違法だから請負を装う。
ところがこれは偽装請負といって更に悪質。
昨年あたりから取締りが厳しくなった。

13 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:50:07
>>11
面接で、仮システムの設計をやらせればいいやん。
もちろん、時間の関係上、書面化はせずに口頭での回答で。
見積もりも営利抜きの工数で答えてもらえば、実力もわかる。
(開発経験のないやつなら、めちゃくちゃな工数になるし)

14 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:52:45
>>13 ざっくりこんなもんや をまあやとってくれなはれ--)

15 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 11:57:28
小規模のプログラムの仕様を問題として、これを作るのに必要なロジックを口頭で答えてもらうってのも一つ
プログラミング経験のあるやつで、システム設計もちゃんとできるやつは、小規模であれば脳内でロジックを作れる

16 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 13:33:10
>>8
ハケンの品格の第1話であったな。
「面接」じゃなくて「面談」ですってセリフ

17 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 13:39:16
派遣を撲滅しよう。

18 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 14:04:57
昔の派遣は、結構技術あるやつがいたんだよなぁ。
今は、ウンコ以下・・・。いやウンコ未満。

19 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 14:21:41
その分ウンコプロパーも増えたけどな
毎日リリースしか仕事もらえない奴みてると泣きたくなる

20 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 15:12:03
>>4だけど、>>1は「事前面接をやれば能力がばれるから嘘つきは失職」って書いてるだろ。
違法だろうが何だろうが、今現在事前面接が行われている以上
その論法が誤りなのは自明だと思うんだが。
すでに事前面接が行われてるのに、事前面接が行われるようになっても、
全然採用の基準は変わらないよ。
マでこのレベルの話が分からない>>1は事前面接以前に失職しそうな勢いだが。

21 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 15:14:00
あとネタのセンスもないね。
どちらもホウが付くって・・
つまらねぇ・・

22 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 16:03:08
>>20
一般企業はやってませんが?
顔合わせはやりますが、テストをすることは違法なので、できません。
派遣の営業も、テストをやられると技術がないことがバレるので、この点において、テストおよびそれに類する行為は実施させません。


23 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 16:09:25
この案が通過したら

派遣会社に、○○ができる技術者をお願いしマース。って依頼して。
10人くらい一覧をだしてもらって、10人に一斉試験。
一番点数のいいやつを派遣として採用。

ってことができるようになるってことだよね!
できる派遣だけが生き残るのかwwww

24 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 16:18:33
>>22
テストが合法になるってどこに書いてあった?
コピペしてくれ。

>>23
出来る派遣などいない。
そもそもペーパーテストだけで実務の能力が測れると思っているなら、
随分とアレですねぇ。

25 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 16:20:36
ペーパーテストで能力測定出来るなら、資格で大体把握出来るじゃん。
>>22
その顔合わせがそもそも違法だろ。
言い方が違うだけで面接なんだから。
そんでそれが合法化されると面接って呼び名に変わるだけ。
実態でどこに違いが出るんだか。
そんでこの案が通るとテストもOKになるってどうして思った?

26 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 17:42:10
つーかさ>>4がなんか一人暴れしてない?w

27 :仕様書無しさん:2007/09/09(日) 18:15:20
>>22
大企業でもどうどうテストをやっていたぞ。


28 :仕様書無しさん:2007/09/11(火) 02:06:14
>>27
むしろ事前のテストはどんどんやって欲しいね。
漏れはたまたま大手に派遣されてたから経歴だけ立派、そのせいでこの状態↓

有名どころに派遣→こんな筈じゃなかった!→短期間で終了→また有名どころに(ry
面接やり過ぎて、面接では全くボロが出ないのがまた痛い。
ワザと落ちようといい加減に答えても通る、もう許して欲しい。

29 :仕様書無しさん:2007/09/11(火) 07:43:37
たしかに20代後半からは資格だけでは厳しいね。
俺も面接する側(ソフト開発)にたったことあるけど、やっぱりまず実務経験の有無を見ますね。
20代後半で4〜5年、30代前半だと6〜7年の実務経験が必須ですね。
未経験が採用されにくいのはまずここで引っかかるからです。資格なんか後回しでまずは実働を
つけることをお勧めします。

30 :仕様書無しさん:2007/09/13(木) 15:28:26
>>30
IT業界では実体験からすると正直個人の資質が「全て」。
去年までニートしてた人でも出来る人はすげー出来る。
経験10年でも駄目な人は駄目。
経験より資質がモノをいうそういう意味で本当にキツイ仕事だと思う。

それでも面接では実務経験見るしか出来ないけどね・・

31 :仕様書無しさん:2007/09/15(土) 08:35:22
>>30
後、会社、部署の開発文化も関連するな。いくら設計のウマい人を入れても、
早く実装フェーズにはいって、徹夜でデバックするような所だと真価を発揮
できない。

32 :仕様書無しさん:2007/09/15(土) 10:56:53
>>27
やりませんが?

33 :仕様書無しさん:2007/09/15(土) 12:37:25
この業界で生き残れるかどうか、見極めるなら「PQテスト」だよな

34 :仕様書無しさん:2007/09/15(土) 18:55:24
てか、事前面接なかったら結局うまくいかないわけだし
この辺を変に禁止する必要ないんじゃないかと普通に思う

35 :仕様書無しさん:2007/09/16(日) 18:51:47
>>34
うち大手なんだけど、使えない派遣が、隣にいますが?
結局、技術者は技術者が面接しないと意味が無い

36 :仕様書無しさん:2007/09/16(日) 20:19:27
本当は派遣会社が技術や経歴をきちんと調べて送り込んでくるコトになってるからこその
事前面接禁止なんだが・・・

派遣会社が経歴偽装してくる現状じゃあな。
もう派遣会社全部つぶしても良いよ。


37 :仕様書無しさん:2007/09/16(日) 21:16:43
>>36
>派遣会社が経歴偽装してくる現状じゃあな。
派遣社員の業務経歴を派遣先に公開するのも本来違法ですが。

38 :仕様書無しさん:2007/09/28(金) 21:07:42
人材派遣の事前面接は違法です。(紹介予定派遣を除く)

「面談」「打ち合わせ」 「顔合わせ: 「業務内容確認」 等と適当な理由をつけての脱法行為は許されません。
各都道府県の厚生労働省労働局の需給調整事業課 へ通報して指導するよう徹底させましょう。
通報しても派遣元はたいてい言い逃れをしますが、長い戦いです。
需給調整事業課 とは派遣事業の許可行ったり派遣事業企業への監督を行っている部署です。

厚生労働省職業安定局・労働局
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/manual/index.html


◇  派遣元事業主の講ずべき措置は (PDF:192KB)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/manual/dl/10.pdf

12 派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針

(3) 派遣労働者を特定することを目的とする行為に対する協力の禁止等

○ 派遣先からの派遣労働者の指名行為だけでなく、派遣先がその受け入れる派遣労働者を選別するために行う事前面接や履歴書の送付要請等に協力してはなりません(紹介予
定派遣の場合を除きます。)。


神奈川県の場合だと神奈川労働局 需給調整事業課へ通報です。
http://www.kana-rou.go.jp/users/antei/idx_roudou.htm

自分の派遣元所在地の需給調整事業課の電話番号の確認は
http://www.mhlw.go.jp/support/index.html
このページにある電話番号にかけて厚生労働省需給調整事業課へ
問い合わせて、最寄の労働局需給調整事業課の番号をお問い合わせください。

39 :仕様書無しさん:2007/09/28(金) 21:19:16
コピペ君って馬鹿だな、まで読んだ。

40 :仕様書無しさん:2007/09/29(土) 23:47:24
ずいぶん昔だが
使えないプログラマーが来た
人手が足りなくて派遣してもらった

こう書くと どこにでもある話だけど・・・・・



そいつ プログラム一行も書けないんだ・・・・・・ Orz



41 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 00:01:05
はっきり言おう!
中途半端に書けるヤツよりよっぽどマシ!
バグを量産されなくて済むからな

42 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 00:16:54
>>41
中途半端に書ける奴は使い方次第
それがゴミコードなら、全部捨てて書き直せばいい
それで>>40と同じ状況
よって中途半端に書けない奴が使えないと思うのは
そいつを使ってる奴が使えない奴だから

43 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 00:22:18
違反する奴が多いからという理由でその違反行為を合法化するのはおかしくないか

44 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 00:30:13
>それがゴミコードなら、全部捨てて書き直せばいい

それ使えてると言うのか

45 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 00:33:22
>>44
>>41を読みなよ。
「コードを全く書けない奴は、中途半端に書ける奴よりマシ」って書いてあるだろ?
「コードを全部すてれば、全く書けない奴と同じくらい使えるようになる」ってアドバイスしただけだよ。
おかしい点分からない?

46 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 00:36:41
捨てることになるなら
コードをチェックする時間が無駄になるな。


47 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 00:37:00
日本語がおかしいことはわかった

48 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 01:41:42
>>46
まあ最初の一回はね。
ただしコードを全く書けない奴にも、一旦採ったらとんでもないコストがかかるよ。
派遣であってもね。
ダメなコードのチェックなんて簡単。
そういう奴には簡単な作業させればいいだけ。
中途半端には書けるんだから。
使ってる奴が無能過ぎ。
少なくとも一切書けない奴より使えないって事はない。
それは中途半端に書けるとは言わないからね。

49 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 10:04:27
ずいぶん昔といっても5,6年まえでしょ?
1970〜2000年まででは、そこまで使えないやつっていなかったよ。
IT革命とかほざきだして、馬主の派遣会社社長が出てきたころから、おかしくなった

50 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 10:27:23
お前らキチガイか

51 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 11:10:48
↑はいはい。気狂いさんはお引き取りください。

52 :仕様書無しさん:2007/09/30(日) 11:12:45
なんか怒ってる奴がいるぞ。

53 :1:2007/09/30(日) 14:44:01
糞スレを立ててしまい申し訳ありません。
終了します。

54 :仕様書無しさん:2008/05/21(水) 06:06:28
派遣はピンハネ、奴隷産業
禁止しろ

55 :仕様書無しさん:2008/11/22(土) 05:45:30
良く言われる「一般派遣の事前面接が違法」という話はウソ

この話のネタは、労働者派遣法第26条第7項を引き合いに出していると思われるが、
これは努力義務、制限事項ということであって禁止事項ではない。

【労働者派遣法】
http://www.houko.com/00/01/S60/088.HTM


で、労働者派遣法 第26条7項 はどんな内容かと言うと

 派遣先は、派遣元と労働者派遣契約を結ぶ時に、
 実際に働く派遣社員を特定できるような事をしない様にした方が良い


と言っているだけで、罰則も何も定められていないのですな。
じっさいに事前面接について訴訟を起こした事例もありますが、裁判所の判断は
事前面接は好ましからぬ事とは認めるものの、そのれにより被った精神的苦痛、
就業予定だった給料、その他の金銭的要求は、それを認めるほどの侵害があったとは
認定されないとして、原告敗訴になっています。

一橋出版派遣労働者解雇事件
http://www.miraikan.go.jp/hourei/case_detail.php?id=20060827161836

56 :仕様書無しさん:2008/12/15(月) 02:21:41
派遣される側が篩いに掛けられるのはまぁいいとしてだ。
今まで違法行為してた屑どもへの制裁はどうなるのさ?
スルー?age

57 :仕様書無しさん:2008/12/15(月) 20:08:45
>>56
Bだもん。

58 :仕様書無しさん:2009/02/26(木) 04:07:59
嘘つきですいません
辛い

59 :仕様書無しさん:2009/04/29(水) 05:16:26
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターの事前面接
http://wasechan.com/test/read.cgi/lounge/1158388944/n20
http://wasechan.com/test/read.cgi/lounge/1158388944/n43
http://wasechan.com/test/read.cgi/lounge/1158388944/n45

60 :仕様書無しさん:2009/05/22(金) 21:30:06
?


61 :仕様書無しさん:2009/05/25(月) 13:03:45
面接じゃなくてお打ち合わせって言うんだぜ

62 :仕様書無しさん:2010/12/25(土) 14:04:34
事前面接が違法な理由ってなんなんですか?

63 :仕様書無しさん:2011/01/10(月) 05:31:58
法解釈

64 :仕様書無しさん:2011/12/03(土) 14:49:07.26
派遣は禁止しろ
偽装請負は違法だ

65 :仕様書無しさん:2012/01/20(金) 14:45:00.08
偽装請負の対処ができるのは、労働基準監督署でなく労働局です。
東京都労働局なら派遣関連の事務局に通報する必要あり。

通報の際には派遣法に抵触するといわないと、受付を拒否する可能性が
あるので、偽装請負だということを窓口で明確に伝える必要がある。

あとは職場に仲間が一人でもいれば、複数名で通報すること。
二人以上連名の通報ならほぼ99%の確率で労働局はガサ入れする。
通報の際には、公益通報だということを明確に伝えて通報者の
個人情報を保護させる必要あり。

さらに発注企業にフリーメールや郵便で、偽装請負を通報した旨を
匿名で告発するとなおよい。告発内容の詳細を伝える必要はないが、
偽装請け負いの業者名だけ特記すること。匿名であっても
告発メールについても、「公益通報者」であることをメールで
記述するのは忘れないように。

通報・告発後に発注企業側が、偽装請負を改めた場合は企業側の
方から正社員打診や、直接契約を依頼してくるケースもある。
駄目でも匿名で行う限り痛くはない。

66 :仕様書無しさん:2012/01/20(金) 15:49:28.03
労働局:

労働局は法律に基いて運営されている以上、
派遣法に違反する旨を伝えなけば黙殺される。
法律違反に対処しないのかと強く迫れば、
少なくとも通報の受理はせざる得ない。この際に請負契約のことなど細かな
ことを相談すると、「そうした相談は他でしてくれ」「請負契約の監督はしていない」
などといわれ断られるだけなので、相談や無駄な世話話は絶対してはいけない。
通報するなら通報を受理させることに集注する必要があり、
同情を買おうとすると、拒否する理由を与えかねないし、窓口にはなめられる。

公益通報者保護法の法律は、監督局に対して受理した旨の伝達を
義務づけていることから、法令解釈を理解していることを
伝えることは重要だ。自身の身分を「労働者」として明確に定義し、さらに
公益通報者でもあることを確認すること、そうすれば労働局は書面等で回答することになる。

67 :仕様書無しさん:2012/01/20(金) 22:47:28.93
偽装請負告発の証拠固めにはICレコーダーを使うとよい。

ICレコーダーは安いものなら3000円程度。
スピーカーがないと音声の質が悪いので、合わせて4000円程度の出費となる。

個人事業主+請負契約の場合は以下の音声記録をとるとよい。

@業務の処理方法についての指示
A勤務時間の指定や勤怠管理に関する指示
B選考面談時の会話

エージェントか一時請負業者、又は発注企業から、業務処理と勤怠についての
指示は全て音声記録として保持しておくとよい。元請業者、発注企業との面談時の
音声記録も人員の選定に関与した記録となるので、あったほうがよい。


68 :仕様書無しさん:2012/11/11(日) 08:25:45.53
あとタイムカードと出勤表は必ずコピーしておいたほうがいい。

69 :仕様書無しさん:2012/11/11(日) 11:36:19.97
違法派遣(偽装請負・多重派遣・偽装出向・事前面接等)についての刑事罰
【告訴権者=業務委託、準委任、共同受注、業務請負契約および特定派遣(契約・正規)、一般派遣、正規社員】

@職業安定法第44条の労働者供給事業の禁止規定に違反(1年以下の懲役または20万円以下の罰金)
 ■偽装請負・多重派遣・偽装出向・多重出向
 ■事前面接(顔合わせ・面談・職場見学等)と履歴書・職務経歴書・スキルシート等提出による労働者の特定
(※音声録音で立証可能)
A労働基準法第6条(中間搾取の禁止) (1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)
 ■多重派遣・多重出向

所謂、違法派遣事件においては労働者が自らの権利を守る法律について無知無学なケースが多く、
使用者側は完全に舐めている状況かと思います。多重派遣を通じた中間搾取、事前面接など労務犯罪としては重罪
にあたる懲役刑もある立派な犯罪です。適切な手続きを踏めば、労務犯罪の主犯と管理者(派遣元・派遣先)には
慰謝料・和解金または懲役刑が科されることになります。

民事訴訟や労働関係諸局への通報の対極にあるのが書面(告訴状)による刑事告訴(※告訴先は検察の直告班)です。
労働関係諸局への通報・斡旋による軽微な「適正化」や監督・指導に対して、法律に定められた刑事罰を問うことになり、
違法派遣業者にとって有罪は考えられる限り最大の処罰となります。同時に刑事罰を受けた
担当者が取引先に与える悪印象を考慮すれば、通常会社側は告訴が受理された時点で告訴取り下げに
動くのが妥当でしょう。懲役、前科がつく刑罰が下される可能性から、告訴取り下げの和解金は高額となることが多いのです。

告訴の流れとしては、

刑事告訴⇒告訴受理⇒告訴取下げ要請⇒取下げ和解金入金⇒告訴取下げ

となります。告訴の懲役刑適応は犯罪者個人に対してのみですので、告訴する対象は

派遣先・派遣会社 社長
派遣先・派遣会社 営業・営業責任者・営業管理役員・取締役
派遣先・派遣会社 人事管理担当者・人事管理役員・取締役

が妥当です。刑事告訴取り下げの和解金額は犯罪者個人と交渉するとよいでしょう。(告訴状は人数分提出する必要あり)

70 :仕様書無しさん:2012/11/11(日) 11:37:15.39
犯罪者個人に対して告訴状を違法派遣・偽装請負・多重派遣の被害者が作成(刑事告訴は無料) or 司法書士が代筆(料金は5万円ぐらい)

告訴状を【検察の直告班】に郵便局の内容証明付で送付(疎明資料・証拠にはICレコーダーによる音声録音が適しています)

審査 → 起訴 → 検察を原告とした刑事訴訟 → 公判 → 業者刑務所送り

不起訴通知

検察審査会法第30条(検察審査会へ申し立て) → 起訴 → 検察を原告とした刑事訴訟 → 公判  → 業者刑務所送り

不起訴通知

刑法 第193条(公務員職権濫用)で検察事務官を刑事告訴 

起訴 → 検察を原告とした刑事訴訟 → 公判 → 検察事務官 刑務所送り
↓                              
違法派遣・偽装請負・多重派遣事件の公判 → 業者刑務所送り

注意:告訴が受理されない理由
●3年間の時効が過ぎたもの
●同一事実について過去に告訴取消しがあったもの
●関連する民事訴訟を有利に導く目的の場合
●証拠が希薄なもの ※被害者が契約時に違法派遣・偽装請負・多重派遣と知っていても刑事告訴は有効です。

労働基準監督所の監督範囲は刑事罰を定義している職業安定法は含みません。注意してください。

検察事務官、検察官、司法警察官などが満足な告訴状、疎明資料・証拠に
も関わらず刑事告訴を不受理とするなら刑法 第193条(公務員職権濫用)で
担当官を告訴すると伝え圧力をかけてください。

事業者内部の加害関係者による刑事告発(刑事訴訟法239条1項)も可能です。
加害者本人、管理間接部門の社員が刑事告発に踏み切る場合も和解金による解決が妥当です。

71 :仕様書無しさん:2012/11/11(日) 11:39:15.89
違法派遣(事前面接、偽装請負、多重派遣)の告訴状(刑事告訴)の受理後の示談交渉について

@会社への通達
会社には「告訴した犯罪者本人か犯罪者個人が雇った弁護士としか話はしない」と釘をさしましょう。

A話し合いを持ちたいと犯罪者個人から打診(示談交渉)
交渉は基本受身で、犯罪者を許す気はないが話だけは聞きましょうという姿勢で臨みましょう。
被害者からお金の額を提示するのは絶対しないようにしましょう。犯罪者側は
いくら欲しいですかと聞いてくるでしょうが、応えてはいけません。満足する金額を提示するまで、「話は分かりました、しかしまだあなたを
許す気にはなれません」と伝えましょう。※お金を要求しなければ恐喝の成立はありません。

犯罪者側も被害者を怒らせた場合は、最悪感情論から告訴を継続させるという
事態を危惧するでしょうから、犯罪者側の心理は不安な状態にあるはずです。
意に沿わぬ和解案には強い態度で自信を示して退けましょう。

B満足する和解案の提示
被害者の想定する、犯罪者の払える最大限の金額まで達したら、「そこまで反省するなら、許して告訴を取り下げ
てもよいです。入金が確認された後に取り下げます」といえばいいでしょう。

和解金の想定上限は犯罪者個人の年収の半分程度が良いでしょう。ユーザー、元請の社長や、
下請でも創業者の場合の年収÷2は、数千万〜数億円、外注・人事担当役員、
外注担当の部長やマネージャーであれば500〜1000万円、営業個人については
200〜500万円程度でしょう。

C和解時の念書(同意書)
和解時には該当事案について犯罪者・被害者双方が秘守契約を結ぶことになるでしょう。
犯罪者側が被害者について誹謗中傷をしたり、被害者の個人情報、告訴事案について第3者
(他社)と通謀するような事態が発覚した場合の、賠償金をあらかじめ念書に記入するよう
にしてください。賠償金額は和解金額の2倍程度に設定すると良いでしょう。犯罪者側も
和解金を払った事実と事案について第3者に通謀しないように求めてきますが、内容が社会通念に
著しく反するような性質でなければ応じましょう。和解金が支払われるということは
双方が「和解」することを指しますから、お互い後腐れないよう合意をする必要があります

72 :仕様書無しさん:2013/01/10(木) 21:26:20.55
犯罪者個人に対して告訴状を違法派遣・偽装請負・偽装出向・多重派遣の被害者が作成(刑事告訴は無料) or 司法書士が代筆(料金は5万円ぐらい)※コピペ歓迎

告訴状を【検察の直告班】に郵便局の内容証明付で送付(疎明資料・証拠にはICレコーダー、スマホによる録音が適しています)

審査 → 不受理 → 告訴状再提出または刑法 第193条で訴えを起こす

受理 → 告訴事実を認め示談交渉(↓) →示談成立 → 法廷相場50〜100万円の示談金 ※示談拒否が良い
↓                ↓
事案化← 前科あり ←示談不成立(↓)→ 示談外交渉→ 犯罪者の年収半額×最大懲役年数の和解金支払い※推奨
↓                ↓
↓               起訴 →公判 → 罰金刑=前科(起訴事実を認めてるため)→追討ち民事訴訟
↓                    
審査 → 起訴(強制捜査・留置場)→ 公判 → 懲役刑などの厳罰(反省が認められないため)→追討ち民事訴訟

不起訴、起訴猶予

検察審査会法第30条(検察審査会へ申し立て)→ 起訴 → 起訴後は同上
刑法 第193条(公務員職権濫用)で検察事務官を刑事告訴 → 同上

◎告訴→告訴受理→示談交渉→厳罰を求め示談不成立→示談外交渉→和解金支払い・和解契約(公正証書・即決和解で秘密保持契約)
◎偽装請負・出向・違法派遣事件では派遣・出向先両方の代表者、役員、現場責任者に告訴できます。
前科がついた犯罪者が法人の代表であれば公的な入札からの排除、取引先や顧客との契約解除など社会的制裁・批判に晒されることから辞職または解任が妥当、役員・社員であれば懲戒を想定。
◎事業者内部の加害関係者による刑事告発(刑事訴訟法239条1項)も可能です。
加害者本人、管理間接部門の社員が刑事告発に踏み切る場合も和解金による解決が妥当です。

注意:告訴が受理されない理由
●3年間(※)の時効が過ぎたもの ※違法派遣
●同一事実について過去に告訴取消しがあったもの
●関連する民事訴訟を有利に導く目的の場合
●証拠が希薄なもの ※被害者が契約時に違法派遣・偽装請負・多重派遣と知っていても刑事告訴は有効です。

73 :仕様書無しさん:2013/01/17(木) 19:03:43.50
パワハラ犯罪にたいする刑事罰(※本投稿のコピペ歓迎です)
人事原則
1 現行法では、社員が仕事を怠けたり、能力不足、就業規則違反、目標を達成できなくても解雇をしたり叱責することは違法です。どんな駄目社員、嘘つき社員、怠け者も定年まで解雇が違法なのが現行の正社員制度です。
2 パワハラは社風にあわない社員、成績の振るわない社員を自主退職に追い込む言わば人事的措置として用いられることが多い。
※違法な解雇の和解金相場は、労働審判で3ヶ月、通常裁判で1年以上の報酬、さらに社員が和解を拒めば復職が可能です。弁護士への着手金は12〜15万円、和解拒否なら20〜50万円程度。

人事部・ホットライン・御用組合へ直訴
メリット: 一時的緩和や人事異動
デメリット: 役員へ情報筒抜け、危険分子の烙印(情報漏洩がホットライン直訴者に多いのは人事部の常識)、パワハラ放置で自主退職に追い込まれる

民事訴訟・調停・労働審判
メリット: 損害賠償
デメリット: 裁判費用、解雇措置、民事不介入で刑事事案化を阻止、長期係争、パワハラ上司の継続雇用

刑事告訴
メリット: 1パワハラ上司の解雇・懲戒、または2多額の和解金、1と2どちらでも被害者の雇用は維持
デメリット: 人事異動(出世コースから外れる)
◎録音は一方の当事者が取る限り合法です。※加害者に録音の同意を求める必要はありません。
◎告訴受理後の和解金は加害者の資産・収入に応じて変えてください。犯罪者の昨年の年収の半額程度×最大懲役年数が妥当です。
◎パワハラの被害についての告訴は1侮辱罪2脅迫罪3強要罪4威力業務妨害罪5傷害罪の順序で行ってください。警察・検察の協力(犯罪者の自宅・職場の強制捜査、留置所勾留)により罪の立証が楽になります。
◎刑事告訴した社員を解雇したり処遇面で著しい差別を行うことはないでしょうが、出世や管理職以上の昇進の可能性はあきらめるべきでしょう。
◎刑事告訴は民事訴訟と違って裁判による被害者への2次被害にありません。検察庁が被害者に代わって訴えをおこすので、無料で、時間と手間も告訴状をかくことと音声録音を残すだけです。
◎和解契約(公正証書・即決和解)では告訴した事実は秘匿事項となります。犯罪者が秘密保持契約を違反した場合の損害賠償金は、最低5000万円〜にしましょう。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)